TOP

人それぞれ歴史があります。ここでは、私の風俗歴史体験談を書いていきます。

男性からいたずらされるという舞台設定

最近の風俗嬢は「すぐ正常位スマタをしたがるんですよ。こっちのほうが楽ですからね」みたいな愚痴をこぼしていたんです。まあ、私も正常位スマタ好きですからね。ただあれは女の子がしっかりとちんぽを持っていないとおまんこの中に入ってしまいかねませんから気をつけないといけないんですよ。女の子もその場は仕方ないね。なんて言いながら別れても後でスタッフが電話でクレームを言ってくることが多いですから。親切丁寧なスタッフの優しい対応ですけど、女の子に何かあったときの鬼の対応は怖いですから気をつけましょう。なんて言いながら、今回も女の子を指名してのぷれいです。いつものシチュエーションプレイなんですけど、女の子を呼んでみました。今回は美人弁護士ですね。といってもスーツ着用でのプレイなんですけど、中はノーパンです。まあ普段ではありえないのがシチュエーションプレイの醍醐味ですからね。仕事でストレスがたまりまくりの美人弁護士が、助手の男性からいたずらされるという舞台設定になってるんです。まずはシャワーで体を洗いますよ。


ホテルを二人仲良く出ましたよ

一人でシャワーを浴びたあとは、オイルを使ったM性感マッサージのスタートです。力加減がかなり弱く、肌にオイルをぬる感じのソフトなマッサージ。足の裏から始まって、ふくらはぎ、ふともも、おケツ、腰、背中までまんべんなくオイルを塗っていきます。仰向けになってキンタママッサージ。ゆるーい全身マッサージだったため、体中の血流は静まりかえってしまって、ちょっと寒いです。女の子の手も、少し冷たいまま。途中で、部屋のエアコンの温度を上げてもらいました。キンタママッサージと、ソケイ部のマッサージのあとは、手コキ。メチャクチャ可愛い黒髪美少女に手コキされている、というシチュエーションがとてもたまりません。ですが、ちょっと勃起が弱くて、いけないまま時間が来てしまいました。「ごめんね」と謝ると、「ちょっとくらい時間おしても大丈夫だから、もうちょっと頑張る?」と女の子。「おっぱいさわりながらだったら逝きやすいかも」と提案して、私の顔のあたりにおっぱいを持ってきてもらい、モミモミしているうちに元気になり、フィニッシュ。その後ホテルを二人仲良く出ました。